自然堂の日記

氷の表情

つい数日前まで「網走湖はいつ凍るのだろう」と嘆いていましたが、
もうすでに湖の大部分は真っ白な氷に覆われています。
車から見ると一面平らな雪原のように見えますが、
実際は写真のようにガラス片のような氷が集まった場所もあります。
氷はその成長過程で様々な表情を見せてくれます。

喜びや苦労が人の顔に現れるようなものかな??
そう思うと、凹凸のある氷とスラーッと平らな氷、どっちが好み?
凹凸のほうが味がある?
平らなほうがスマート?
そんなことを考えながら、沈む夕陽を眺めていました。
コーヒーがあればなお良かったなあ。。。
インスタントではなくさえずりブレンドなら、なお好しです(笑)

関連のあるブログ記事

コメントする




最新エントリー

月別アーカイブ