自然堂の日記 2013年6月の記事一覧

水鏡

久々の青空&知床連山。
ここ最近、霧に包まれた知床五湖をご案内することが多かったのですが、
今日は昼前から晴れ間が見え始め、絶好の散策日和となりました。

森の中ではランの仲間が増えてきました。

ブログをなかなか更新できず、
随分と時間が経ってしまいました。。。

消えたウミウ

知床の断崖ではウミウやオオセグロカモメが集団営巣していますが、
17日に知床フレペの滝をガイドした時に
先日までたくさんいたウミウがほとんどいなくなってしまったことに驚きました。
忽然と姿を消したウミウ。
謎は深まるばかりです。
今日もフレペの滝の案内でしたが、やはり断崖にウミウの姿はありません。
巣材をくわえたウミウが海上を飛んでいますが、
果たしてフレペの滝の断崖にいたウミウにいったい何があったのでしょうか。
続きを読む

初夏はハナやか。

小清水原生花園ではハマナスやエゾスカシユリが咲き始めています。
例年に比べると開花は全体に遅めで、花もチラホラですが、
SLが走る今週末あたりから見頃かもしれませんね。
知床ではエゾカンゾウも咲いていますし、
海岸草原に咲く代表的な花々が開花して
オホーツクの初夏は華やかなシーズンを迎えています。

小清水原生花園 開花状況

網走から知床へ向かう途中にある小清水原生花園。
エゾキスゲが咲き始めています。
これから7月中頃にかけて黄色いエゾキスゲと
オレンジ色のエゾスカシユリが最も綺麗な時期です。
来週末22日、23日の2日間、北見~斜里間を「SLオホーツク号」が
運行されます。車窓から眺める原生花園もいいですね。
続きを読む

知床で出産ラッシュ!?

エゾシカたちが出産シーズンを迎えています。
知床でガイドツアー中に、こんなかわいらしい姿に遭遇できるのも
今ならではのチャンスです。

あたらしい命の誕生はそれだけで感動するものですが、
その後一生懸命お母さんのあとをついて行こうとする姿に
微笑ましくも、じんわりとした感慨を覚えます。

森の緑も生き物たちも輝くような季節ですね。

最新エントリー

月別アーカイブ

管理者ページ