自然堂の日記 2013年9月の記事一覧

初冠雪?

羅臼岳の山頂がうっすらと白い!?
知床五湖を歩き終わる夕方にはもうなくなっていましたが、、、。
続きを読む

能取湖のサンゴ草群落

平成22年の整備作業により、群落規模が縮小してしまった能取湖のサンゴソウ。
<詳しくはこちら
網走周辺の秋の人気観光スポットでしたので、
真っ赤な絨毯に戻る日が早く来るといいですね。

写真:9月20日撮影

藻琴山トレッキング

今シーズンはなかなか晴天の藻琴山をご案内できていませんが、
今日のガイドツアーでは屈斜路湖はもちろん、阿寒や知床の山々、オホーツク海まで
360℃大パノラマの景色を楽しむことができました。
山頂でのんびりとコーヒーブレイク。
風もそんなになかったので、お昼寝したくなるくらいポカポカ気持ち良かったです。
続きを読む

山伏茸

キノコの季節。
キノコといえばどうしても足元ばかり注意しがちですが、
木の幹に付いているキノコもあります。
遠くから見ると、メロンパンのようですが(笑)。

続きを読む

暑、寒。

今日の網走の最高気温は26℃。
知床をガイドしていた私は「暑かった~」。
標高1,000mの藻琴山をガイドした妻は「寒かった・・・」。
レインウエアを着ていて、丁度よいぐらいだったそうです。
今晩のスターウォッチングでは、私は薄手のフリースの上に
ウインドブレーカーを着てご案内。
朝晩の寒暖差も大きく、服装が難しい時期です。
これからご旅行される方は、薄手のフリース(薄手のセーター)や
ウインドブレーカーはお持ちくださいね。

写真:エゾトリカブト

日常か、事件か。

知床五湖の遊歩道上に結構新しいクマ糞が・・・。
昨日夜から今朝までの間に落とされたものと思われます。
糞は落ちていても、ヒグマの目撃がないため
遊歩道が閉鎖されることはありません。
続きを読む

ニョキニョキ

今時期の森の主役はキノコ。
派手なもの、カタチが面白いもの、地味~なもの。
その美しさ、種類の多さにお客様もキノコ図鑑を
買おうか迷っておられました。
続きを読む

秋の風物詩

知床の遠音別川ではカラフトマスの遡上が本格化しています。
今年はカラフトマス漁の不漁が新聞などでも取り上げられていましたが、
川を覗くと命をつなぐ営みは着実に繰り広げられています。

秋色

久しぶりに青空がのぞく中、今日は1DAYツアーで
のんびりとした時間を過ごしました。
トレッキングしていると足元にかわいらしい実をつけたゴゼンタチバナが。
しばらく続いた雨のお陰か、しっとりと濡れた森はとてもキレイです。
ちょっと標高の高い亜高山帯では一方でセミの鳴き声を聴きつつ、
秋の色合いに変わりゆく景色が楽しめました。

オホーツクの秋はあっという間に過ぎていきますが、
少しずつ深まる秋をもうしばらく味わいたいと思います。

最新エントリー

月別アーカイブ

管理者ページ